食事は神様

「おいしそうな匂い!!」で、私が、まず思い浮かぶのはカレー。スパイスたっぷりのカレーが大好き!!

カレールーを使ったカレーも好きだけれど、私の家ではたくさんのスパイスを使ってカレーを作ります。

シナモン、カルダモン、クミン、クローブ、ローリエ、コリアンダー。チリ、ターメリックなどなど。

もちろん、ニンニク、生姜も入ります。

おいしさを感じる仕組みは、嗅覚が重要だと言われますが、カレーを食べたときほどそれを感じることができます。

多くの方が体験したことがあるであろうと思いますが、風邪をひいたときなど鼻がつまって嗅覚がきかないときなどは、味覚をかんじることができなくなりますよね。

もし、嗅覚がきかなくなったら・・・あまり考えることのない事柄ですが、人生を楽しむために欠かすことのできない嗅覚を大切に生きていきたいと感じます。

 

スパイス王国であるインドでは、

『食事を通じて周囲の自然や環境を摂り込むのですから、食事はそれ自体が神様だと考える』のだそうです。

人間、生きている以上、ストレスは避けられません。

身体にいいものを摂り入れ、自身を健康へと導いているようでも、日々のストレスによって健康を害してしまうこともあります。

そこで、大切なのがスパイス&ハーブの力。

スパイスは単なる香り付けではなく、ストレスによる身体へのないマイナス面をうち消しプラスのエネルギーに変換する作用があるとされてきました。

れっきとした薬の作用があると考えられてきたわけです。

今、現在、普及してきたアロマテラピーも香りが脳に直接はたらきかけ認知症を予防したり、うつ病の改善に役立ったりと、薬理効果が証明されています。

 

食事は神様。

お腹が満たされればいいのだはなく、香りを楽しみながら食事ができることが重要であると私は感じます。

 

 

 

関連記事

  1. 自然のリズムで生きよう

  2. 自分自身に戻れる香り知っていますか?

  3. 大好きな言葉

  4. 石けんの香りについて

  5. 里山でワークショップ

  6. 手作り石けんと市販の固形石けんの違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA