面倒くさがりが作る簡単、手軽な虫除けスプレー

ガーデニングをするには、

すでに少し暑い季節になってきましたが、

植物たちは勝手に成長して、

毎日、毎日、違う姿を見せてくれるので、

とても、気持ちが明るくウキウキする季節です。

少なくとも朝と夜、2回外に出て、

草をひいたり、苗を植えかえたり、

水をやったりしているうちに汗が流れてきます。

そうやって夢中で、

手を動かしているとやってくるのが、

やっかいな蚊です。

特に少し日が落ちてきて涼しくなって

作業がはかどるな~なんて思っているところに

出てくるので、本当にやっかい。

だからと言って、農薬入りの虫除けスプレーは使いたくないので、

私は、毎年、精油で虫除けスプレーを手作りしています。

以前、ペパーミントの葉をすり鉢ですりつぶしたものを

精製水で薄めて作っているレシピを見たので、

マネして作ってみたのですが、

生のハーブが入っているため、

日もちがしないのと、すり鉢などの道具が必要になるので、

少し面倒なのと、そのわりにあまり効かなかった・・・

という記憶があるので、今は、生のハーブは使わずに

精油を使って手軽に作っています。

これから、ハーブガーデンを広げていく計画ですので、

この夏は、この虫除けスプレーが

手放せないでしょう。

 

【ハーブの虫除けスプレー】250ml分

エタノール 25ml

精製水 225ml

精油

シトロネラ 12滴

レモングラス 12滴

ラベンダー 13滴

ハッカ 13滴

<作り方>

①スプレー容器に精油を垂らす

②そこにエタノールを加え、よく混ぜる

③精製水をスプレー容器に入れて、さらに良く混ぜる。

<使い方>

使用前によく振って、肌が露出している箇所を中心にスプレーする。

お顔につける場合は、一度、手のひらにスプレーし、

それを化粧水をつける感覚でなじませていくと、

吸い込んだり、目に入る心配がないので、安心です。

 

ちなみに私は、いつもは、精製水は使わずに

水道からの水を使ってしまいます。

家族だけしか使わないので、水で充分かな~と。

そして、正確に量るのも精油くらい。

エタノールは目分量だし、

水もスプレー容器の肩口まで入れればいいだけのこと。

シーズンに何回もつくるものは、

なるべく面倒なことは省いて、

手軽に自由にいきたいですから。

しかし、精油の濃度だけには

気をつけています。

濃すぎるとお肌に刺激になるし、

薄すぎると効かないし・・・。

そして、精油の種類ですが、

その時によって、少し変えることもあります。

上記の精油以外にも

ゼラニウム、レモンユーカリ、ティーツリー、ペパーミントなどを

その時の気分で使ってみたりしています。

でも、必ず入れる香りはレモングラス。

この香り、単品では少し苦手なのですが、

他の香りとブレンドすると

とても好きな香りになるので、

これだけは、外さずに毎回登場しています。

 

 

 

関連記事

  1. ゴキブリ対策アロマ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA