菖蒲の代わりにこのスパイス!

20140505-213516.jpg

季節行事を大切に私たちに教えてくれた母。

とても、感謝しています。

しかし、日々の忙しさにかまけて、蔑ろにしがちです。

そんな今日は、こどもの日つまり、立夏。

皆様、ご存知の菖蒲湯に浸かり、病邪を祓う日です。

菖蒲と言って真っ先に思い出すのは花菖蒲。

しかし、立夏に用いられる菖蒲はショウブ科の植物。

地味な方のショウブです。

日本を代表するハーブのひとつ。

この菖蒲の成分は、フェノール類のオイゲノール。

オイゲノールの作用としては、殺菌作用、鎮痛作用。

江戸時代の日本人は、菖蒲に殺菌作用があり、病邪を祓うことができることを知っていたんですね。

オイゲノールは神経系の痛みや腰痛をも和らげます。

そこで、菖蒲を準備し損ねた我が家では、オイゲノール成分を含む
クローブ
ローリエ
をフレッシュハーブにブレンドして入浴剤にしてみました。

菖蒲湯の代わりにこんなことをしてるって、母に知れたらがっかりするかも知れませんが、菖蒲を調達できなかった方々、ぜひ、クローブ&ローリエでお試しください^ ^

関連記事

  1. 五感で楽しむハーブ

  2. ハーブガーデン女子

  3. よもぎのフットバスでお待ちしております

  4. ペパーミントの香り

  5. 日本のハーブでサラダ

  6. ベリーとミント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA