紫外線対策アロマ

日焼け

こんにちは!

いつも仕事の相談にのってくださる方から

『フェイシャルアロマアナリスト』という素敵な肩書をつけていただきました。

なんか恥ずかしいけれど、アロマセラピストよりしっくりくる気がします。

これからは、これでいこうかな。

 

さて、さて、紫外線が強くなってまいりましたね。

紫外線対策は万全ですか?

五月の紫外線量は、実は八月とほぼ同じ。

しかも、冬を過ごしたお肌はまだ紫外線には不慣れ。

この時期の紫外線は、お肌にとってはかなりのダメージとなります。

 

ここ数日の暑さでお肌が赤くなっている方を何人かお見掛けしました。

強い紫外線に当たることによって炎症を起こした状態、つまりやけど状態ですね。

日に焼けないように対策することが大切ですが、うっかり焼けてしまったら

この炎症のうちに、お肌にケアが必要ですよ。

おすすめはラベンダー精油。

ホホバオイルなどの植物性のオイル10mlにラベンダー精油を1滴。

よく混ぜて化粧水の後に美容液として使用します。

ラベンダーの抗炎症作用で、赤くなったお肌を鎮静させます。

そして、日焼けにより乾燥したお肌を保湿し、乾燥性の小じわを防ぎます。

さらには、細胞成長作用により、お肌のターンオーバーを正常化してくれますので

日焼けでダメージを受けた細胞の生まれ変わりを助けてくれるという

なんとも優秀な美容液なのです。

炎症が起きていなくても、

「今日は、紫外線を浴びたな~!」と感じる日には

ぜひ、その日の夜のケアからラベンダー美容液のご使用をおすすめいたします。

1か月は継続しましょうね!

うっかり日焼け、気を付けたいのが

・洗濯物を干すほんの僅かな時間

・ゴミ収集所にゴミを捨てに行くほんの僅かな時間

・車の運転時

・室内でのリラックスタイム

などなどです。

短時間と思いきや、浴びてしまった紫外線は確実に蓄積されています。

そして、室内でも紫外線は届いていますので、車の中、家の中でも油断はできません。

みなさん、今年は日やけに気を付けて、

短い夏を楽しみましょうね!

関連記事

  1. 自然界にはない香り

  2. 全身丸ごと簡単保湿

  3. ほうれい線対策アロマ

  4. 化粧品の成分表示、読めますか?

  5. 保湿の薬草

  6. お顔を洗ったら30秒以内が勝負!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA