生きている喜びを表す香り

20140514-190442.jpg

フランキンセンス。

宗教や文化で使われてきた香りです。

カトリックでは、特に大切にされてきた香り。

この香りは、生きる喜びや楽しさを表す象徴であり、
神との結びつきを表す香りでもあります。

神とともにあることを意味するため、葬儀にも必ず焚かれる香りです。

私は、カトリックではないけれど、この香りをはじめて焚いたときには、涙が出るほど感動し、大切な人が訪ねてきたときには、必ずこの香りを焚こうと決めたほど、心がオープンになる特別な香りです。

宗教上、来客を歓迎するときに焚いていたということは、後から知った話しですが、すんなり、納得できました。

美容効果だけが注目されている香りですが、魂をなぐさめる香りとして、私たちの助けになってくれますよ。

生きている意味を見出せないほど、疲れてしまったときは、フランキンセンスに助けを求めてみてください。

関連記事

  1. 玄関の消臭アロマ

  2. フィトンチッドって知ってますか?

  3. 自分自身に戻れる香り知っていますか?

  4. アロマテラピーとの出会い

  5. ハンドマッサージ

  6. 肩コリにおススメのアロマはこれ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA