春の気配

伊房の雪

車社会の岩国では、意識して歩く時間を作らなければ

かなりの運動不足に陥ります。

東京にいたころも運動不足を感じていたけれど

今から考えると、通勤だけでもかなりの運動量だったと感じます。

代官山駅までの坂道の上り下り(代官山は坂道がかなり多い)

地下鉄での階段の上り下り(東京ではエレベーター、エスカレーターも超混むので、階段の方が移動が速い)。

そして、仕事帰りの渋谷散策などなど。

気付かないうちに運動していたんだなー!

しかも、10cmヒールでガンガン歩いていました。

岩国では、ヒールを履くことはめったになくなりましたね。

こちらに来て、半年。

かなり体力も落ちてきて、体重の増加傾向にあります。

そこで、今月から始めたのが、ウォーキング。

今日でまだ3日目。

朝、出勤してから、1時間ほど素敵な風景を感じながら歩きます。

上の写真は、2月1日のウォーキング風景。

伊房地区と呼ばれている方面を歩いてきました。

まだ、雪が残っていましたが、

連なる山々を見ながら

そして、川のせせらぎ、鳥の声を聞きながら

大地の香りをかんじながら

気持ちよく歩くことができました。

農園のあるこちらの方は代官山とは比べものにならないほどの

傾斜のある道なので、ゆっくり歩くだけでも

効果的な有酸素運動ができて、運動した感満載!

かなりの充実感が味わえます。

2日前はまだ、雪の残る風景でしたが、

今朝、歩いた行波と呼ばれる地区には

梅の木に蕾がついていて

寒さの中に、春の訪れを感じることができました。

行波の梅2

↑こんな感じ。

東京でのウォーキングはもっぱら、人間観察中心でしたが

岩国でのウォーキングは、自然の営みを感じることができる時間になります。

岩国でのはじめての春を迎えようとしています。

素敵な春の訪れになりそうです。

 

 

関連記事

  1. つばめきたる

  2. 山口県の「古」めぐり

  3. 里山のたけのこ掘り大会

  4. 手作りこんにゃく

  5. しろばんば、門松、ブロッコリーの花

  6. 黒豆ごはん

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA