こころが解放されて自由になった香り

ゆるむのくわなりょうこです。

この春から私たち夫婦と友人を交えて、

畑を始めました。

草が生え放題の放棄地の草刈りをして、

少し耕して、なんとか形になってきたところです。

自分たちだけで、畑をするのは

はじめてのことなので、

人から聞いたり、本やネットで調べたり

思考錯誤の毎日で楽しい作業です。

ダイエットのために散歩しようかと夫婦で

話していたところでしたが、

この畑作業のお陰で、

歩くことをしなくても十分ダイエットになりそうです。

無駄に体を動かすのではなく、

動かした結果、農作物が採れて

体も鍛えられるとはなんとも豊かな生活!

感謝、感謝です。

体を動かすことは、

気分が明るくなり、脳が活性化されて

とても良いこと。

次から次へと前向きなアイディアが出てくるから不思議。

今は、友人が石窯でパンを焼いているので

そこから出来た灰で石けんを作る方法を模索中。

これが成功したら、毎月1回行っている、

手作り石けんのワークショップも

屋外に出て、この方法で作る教室にする予定です。

さっそく、今日、試しにやってみようかと思っているところ。

 

 

この畑のお陰で、

外に出て、優しい空気を感じて、

風に吹かれて、土を触って

たくさんの自然の香りに囲まれて、

そんな中でおしゃべりしながらの

作業は最高に贅沢な時間です。

 

 

日が暮れてから自宅に帰って、

日中の楽しかった風景を思い出して

精油でその思い出を香りにしてみました。

春のさわやかな草木、花の香りを

パイン

プチグレン

レモングラス

カモミール・ローマン

そして、腐葉土をたくさん含んだ土の香りを

パチュリ

で表現しました。

精油の薬理作用ばかりに囚われていたけれど、

久しぶりに香りを楽しむことができました。

この春の出来ごとは

今後の私のアロマセラピストとしての活動に

大きな影響を与えてくれることでしょう。

 

こころが解放されて自由になりました。

 

 

 



 

次回の『薬草と暮らす 手作り石けん教室』は、

2018年5月27日(日) 14:00~16:00

“春の薬草の浸出油でつくる スギナの石けん”

参加費 ¥4,300

詳細&ご予約はこちらから

 



『ゆるむ 薬草店』

– ショップ 営業日時:毎週木、金、土曜日 –

     11:00~15:00


『里山の自然療法スクール&サロン』

– サロン 営業日時:水、日曜日(要予約) –

     11:00~15:00

クービック予約システムから予約する

– スクール 営業日 –

○毎月第4日曜日 手作り石けん教室 14:00~16:00

詳細&ご予約はこちらから


 

 

関連記事

  1. 自分自身に戻れる香り知っていますか?

  2. つばめきたる

  3. 飲むだけじゃない!香りにも注目!

  4. 里山のたけのこ掘り大会

  5. 生きている喜びを表す香り

  6. 私に勇気を授けてくれる香り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA