弱アルカリ洗顔でお肌の調子は良くなる!

洗顔

クレンジングの後の洗顔料、みなさまはどんなものをご使用ですか?

・ どんなにお肌のお手入れしても潤う感じがしない!

・ くすみが気になる

・ お肌の調子がイマイチ

・ 毛穴の黒ずみが気になる

・ 大人ニキビを繰り返す

なんて言う方は、是非、弱アルカリ性の洗顔料に変えてみてはいかがでしょうか?

CMでよく見かける弱酸性の洗顔料。

乾燥肌や超敏感肌などの刺激を受けやすいお肌にとってはとても良いのですが、

洗浄力の観点から見ると、弱アルカリ性の洗顔料の方が優れているのです。

弱酸性の洗顔料で、スキンケアの浸透が悪いと感じている方は、

もしかしたら、お肌の汚れが落とし切れてなく、

その汚れが、スキンケアの浸透を妨げていると言うことが考えられますよ。

せっかく、ケアしているのに大変ショック!!!ですよね。

では、弱アルカリ性の洗顔って?

一番手っ取り早いのが、『石けん洗顔料』です。

しかし、固形せっけんの形はしているけれど、製法により弱アルカリ性ではないものも

出回っていますので、購入の際は販売員の方に確認してくださいね。

お肌の汚れの種類には、まずはクレンジングの油分、お肌の脂分、

角質、ホコリや黄砂などなど、お肌は想像以上に汚れています。

落とし切れなかった汚れが、毛穴に詰まって大人ニキビの原因となったり、

お肌のくすみの原因になったりとあらゆるトラブルを引き起こします。

一日の終わりには、石けん洗顔でしっかり汚れを落とした清潔なお肌にスキンケアをしましょうね。

洗い方はもうみなさんご存じのとおり、

たっぷりの泡で、お肌に触れることなく、泡を転がす様に洗いましょうね

 

ゆるむでは、『ハーブの石けん洗顔料を作る』ワークショップを開催いたします。

練り石けん※写真はイメージです。

        日時 : 5月23日 火曜日

             10:00~12:00

 参加費 : ¥3,500 (材料費含む)

数種類のドライハーブの中からお好きな香り、色のハーブをお選びいただき、

練り石けんに練り込んで、お好きな形に仕上げます。

・ お肌を傷つけない洗顔の仕方、

・ 泡立てネットなしでもしっかり泡立てる方法、

・ 弱酸性の洗顔料と弱アルカリ性の石けんの洗い上がりの違いなども

ワークショップの中で体験していただけます。

興味のある方は、facebookよりメッセージくださいませ。

 

 

 

関連記事

  1. 繰り返すニキビにおすすめオイル

  2. 保湿の薬草

  3. 化粧品の成分表示、読めますか?

  4. 孟宗竹石けん

  5. 考えていたより鹸化率高めのココア石けん

  6. ゆずチンキのヘアリンス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA