フィトンチッドって知ってますか?

IMG_1917-0.JPG

私たちが、普段使っているエッセンシャルオイル。精油とも呼ばれる植物の芳香成分を濃縮して小瓶につめたもの。

ほとんどのエッセンシャルオイルに抗菌作用や抗ウィルス作用があります。

私たちは、この天然成分を利用して風邪の予防をしたり、カビの発生を防いだりと日常の生活を清潔なものにしています。

病院などでもこの作用を利用しているところも多く見受けられるようになってきましたね。

しかし、この作用というのは、植物たちが私たち人間のために作ってくれている成分ではありませんよね。

これは、植物たちが自らの命を守るための成分です。

植物は一度、根をはったらそこから動くことはできません。

それでも、厳しい自然界の中で生き残ろうとするための植物たちの自己防衛の成分なのです。

抗菌、抗ウィルス作用を持つことによって、体内に病原菌を入れないようにするためのかしこい方法なのです。

そして、私たちの癒しの香りとなるいわゆる森の香り。

この森の香りのことを『フィトンチッド』と言います。

『フィトン』とは植物、
『チッド』とは他の植物を殺すと言う意味があるのです。

植物たちにとって、香りとは自らの命を守るもの。

このように、植物がこの厳しい大自然の中を生きて行くために身に付けたものは、私たちをリラックスさせてくれるだけではなく、心身の不調を緩和してくれる嬉しい作用をもたらしてくれているのです。

そんなことが、わかるとこの小さな遮光ビンに詰められた植物の芳香成分を今まで以上に大事に使いたい‼︎そんな思いになりますよね。

何気なく道端に生えている草たちも、実は毎日命がけ。

ただ、ただ、感謝。

私が、まだ、アロマテラピースクールに通っていたころ、大好きだった先生は毎回、
「一滴のエッセンシャルオイルもムダにしないで!」と繰り返しおっしゃっていました。

今、その言葉は私の中で生きています。

一滴のエッセンシャルオイルにもありがとうの気持ちで使えるようになってよかったと感じています。

関連記事

  1. ハンドマッサージ

  2. こころが解放されて自由になった香り

  3. 自分自身に戻れる香り知っていますか?

  4. ローズマリー・シネオールの育毛効果

  5. 生きている喜びを表す香り

  6. 多湿気のこの時期おすすめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA