夢はハーブが身近にある暮らし

マスタード

しっとりと雨が降っています。

二十四節気で『穀雨』。

穀物に実りをもたらす雨が降り注ぐ時期です。

菜種梅雨なんていう言葉もありますね。

雨はうっとうしいけれど、

山野を緑一色に輝かせる時期の始まりです。

 

ついこの間まで、枯れ草で覆われていた足元も

すっかり若葉が芽吹いて、朝の散歩も気持ち良く楽しめます。

 

私たちも植物と同じように初夏を迎える準備をしています。

一日に何度も伸びをして、身体がどんどんゆるんでいくのがわかります。

 

この潤いの雨に誘われて、農園のハーブたちも

たくましくとまではいかないけれど

日に日に大きくなっている様子。

 

初夏には、ハーブガーデンを完成させる予定でがんばっています。

自家製のハーブで、スキンケア品や

ハーブブーケ、お料理用のブーケガルニをつくるワークショップなどができたら

素敵だな、と思って検討中。

 

もっともっと身近にハーブがある暮らしが私の理想。

豊かな日常を感じられる暮らしが私の夢です。

 

 

関連記事

  1. 五感で楽しむハーブ

  2. 肝臓のハーブ

  3. ベリーとミント

  4. ショコラにハーブ

  5. ペパーミントの香り

  6. ハーブガーデン女子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA