夏の肌疲れの対策はお早めに!

ハーブチンキ ローション

まだまだ、暑い日が続きますが、もう、八月も後半。

南河内では、朝晩に感じる風が

秋を思わせるようになってきました。

お肌もそろそろ、秋冬の準備の時期です。

この夏、紫外線や汗、冷房などで

痛んだお肌を労わってあげましょう。

私も今年は、かなり焼けました。

楽しく過ごした夏のツケがでないように

ハーブでお手入れがんばります。

ということで、今日は去年の夏に作っておいた

ハーブチンキを使って3種類の化粧水を作りました。

ドクダミ、カモミール、レモングラスのチンキに

グリセリンと精製水をブレンドするだけ。

ハーブチンキとは、ハーブをアルコール(ウォッカ等)に漬けて成分を抽出したもの。

チンキ、チンキ剤、ティンクチャーとも呼ばれます。

私は、スーパーマーケットで手に入るホワイトリカーを使いました。

手作りのコスメや ホームケア等に外用としても、内用としても活躍します。

ハーブティーやお湯に数滴垂らして飲んだり

うがい薬の代わりにしたり

入浴剤、スキンクリームに混ぜたり、

今回のようにローションとして使用したり。

お湯で抽出するハーブティーでは抽出されないハーブの有効成分を、

アルコールに漬けることで効率 よく含ませることができます。

湿布やローションとして使うときは、精製水で4~10倍に薄めます。

1年ほど保存ができるので、たくさん作り置きしておくと

何かと便利です。

ドクダミは痒みどめとしてもいいようなので

時期的に、ちょっと遅いかもしれませんが

蚊に刺されに使えますね。

関連記事

  1. 化粧品から自由になる方法

  2. 化粧品の全成分表示、理解できますか?

  3. 加齢による毛穴の開き対策アロマと化粧品

  4. ダマスクローズの香りで心の底から深いリラックスを!

  5. 繰り返すニキビにおすすめオイル

  6. 保湿の薬草

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA