塩石けんと玄米塩おむすび

塩のおいしさを教えてくれたのは、

今は亡き祖母です。

梅干しやらっきょう漬け、卵焼きなど、

砂糖の甘みでごまかさず、

塩を効かせた料理が祖母の味でした。

なによりも、塩のきいたおむすびは格別でした!

 

大人になって、料理はもちろん、塩をきかせた料理が

大好きだし、自家製の石けんにも塩を使うほどの塩好きになったのは、

祖母のお陰。

市販ではない塩石けんは、湿度の高い日本の夏には、

欠かせないと思っているので、毎年つくって

切らすことはありません。

さっぱりとした使用感なのに、ミネラルたっぷりの

天然塩には、保湿効果もあり、さらには、

発汗作用も持ち合わせているので、

夏でも代謝が悪く、毒素を溜めこみやすい体質の方には

おすすめのレシピなのです。

そんな石けんを今月のワークショップで作ります。

6月24日(日)14:00~16:00

石けんに使う国産天然塩で作った地元産の玄米で

塩むすびをつくり参加者の方々を一緒に味わいます。

その後、その塩と植物オイルを使って

自家製石けんを作るワークショップを企画中です。

残席3名様です。

気になる方は是非、お早目にご連絡くださいませ。

詳細は、下記にてご確認くださいませ。

 

関連記事

  1. 自分自身を表す香りとなりたい自分に近づく香りを選ぶ

  2. 虫さされアロマ

  3. 春のゆるめるトリートメント

  4. 自家製蚊取り線香で皆に安心な睡眠を

  5. 心も洗える石けん

  6. カモミールという植物。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA