冬こそ美白!

大寒を迎えて、益々、寒さが身に染みる季節になりました。

しかし、土の中では、これから来たる春に向けて

植物たちは、栄養を蓄えて太陽の元に顔を出す準備をしているころです。

私たちの体も、骨盤が徐々に開いていき

あたたかくなる日のために備えています。

そんな中、紫外線量も少しずつ強くなってきます。

三月に入ると急激に紫外線量が増してきますので

まだまだ、寒いからと言って油断していられませんよ。

 

こわーい紫外線の影響を受ける前に

今回は美白作用のあるハーブをご紹介させていただきますね。

私は、このハーブを使ったハーブティで、頬にできたシミが

薄くなった気がします。

≪レシピ≫

ローズヒップ 小さじ1

ハイビスカス 大さじ1

ヒース 大さじ1

沸騰してから一息置いた湯(98℃くらい) 300cc程

ブレンドしたドライハーブに湯を注いだあと、

3~5分蒸らしたら飲み頃です。

ビタミンCが豊富でお肌にいようを与えてくれる作用のある

ローズヒップとハイビスカスは相性抜群!

おすすめの組み合わせです。

すっきりした酸味は、気分をシャキッとさせてくれます。

そして、ヒースはエリカとも呼ばれるハーブ。

このハーブはアルブチンという成分を含み、

メラニン生成のきっかけとなる酵素、チロシナーゼの活性を抑制してくれるのです。

ある大手メーカーはこの成分を美白化粧品の

主要成分として使用しています。

体の中から美白できる、このブレンドハーブ、

紫外線が弱いこの時期にぜひ、楽しんでしてくださいませ。

 

関連記事

  1. 気持ちを元気にするローズマリー

  2. 山口県産の生薬

  3. ハーブで紫外線ケア

  4. スプリングハーブ白湯 2018

  5. スギナ茶

  6. 腸内環境を整えるハーブとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA