八月のアロマテラピーとドライハーブ

毎日、焼けつくような陽射しと

むせ返るような暑さの中、体調を崩していませんか?

今日から暑さ真っ盛りの八月。

人間は、少々夏の疲れが出やすい時期ですが、

こんな暑さには負けじと、

ペパーミントは思い切り天を仰いで元気に育っています。

思い切り手足を伸ばしてこの夏の暑さを楽しんでいるようです。

収穫しても収穫しても

ぐんぐん育って私たちに豊かな涼をもたらして、

夏バテから守ってくれるペパーミント。

今月は、このペパーミントの精油の活用法をこのブログで

ご紹介させていただきます。

その他、夏に使える精油として、

ティーツリー精油、レモン精油、

そして、

八月の定番である、ハイビスカス、ローズヒップ、シベリアンジンセングの

ドライハーブの活用法などご紹介していく予定ですので、

お楽しみに!

 

さて、早速ですが、

今日は、ペパーミント精油で涼と取る簡単は方法をご紹介します。

洗面器に水を張り、ペパーミント精油を2滴たらします。

よくかき混ぜて、短冊状に折ったハンドタオルを

その水で絞ります。

それを首に巻き、ひんやりとした清涼感を楽しみます。

常温の水でもペパーミントの清涼感が

心地良いひんやり感を感じさせてくれますよ!

関連記事

  1. 日焼け後のゴワゴワ肌に角質ケアハイビスカスローション

  2. 虫さされ痒みどめハーブ

  3. ペパーミントの打ち水

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA