保湿の薬草

アロマセラピストのくわなりょうこです。

山口県岩国市の里山にある我が家の湿度は

現在40%。

お肌のうるおいを保つために必要な湿度が60%前後ですから

それと比較するとかなり乾燥していると言えます。

カラッとしていて過ごしやすい季節ですが、

美肌を保つためには少々過酷な環境ですね。

私は通常化粧水を保湿ケアとして考えていませんが、

化粧水の水分がお肌のバリア機能を低下させて、

後から付ける美容液、乳液、クリームなどの浸透力を高めるので、

今日の様な空気が乾燥しているときは、

たっぷりと化粧水を使いたいですね。

≪ドライ肌用化粧水≫

◊材料◊

カモミールティー 45ml

ホホバオイル 5ml

精油 ラベンダー 5滴

◊作り方◊

①化粧水容器にホホバオイルを入れて、

そこにラベンダー精油を入れて

よく混ぜ合わせる。

②少し濃いめに入れたカモミールティーの

粗熱をとり①に入れさらによく混ぜたら出来上がり!

◊使い方◊

使用前に良く振って手のひらに適量とり、

手のひら全体を使って良くなじませます。

このとき、お肌をたたく必要はありません。

優しく丁寧になじませて下さいね。

ニキビや生理前の肌アレが気になる場合には、

カモミール・ジャーマンを。

生理前のイライラや血行不良によるくすみが気になる場合には、

カモミール・ローマンを使用するのがおすすめです。

 



 

次回の『薬草と暮らす 手作り石けん教室』は、

2018年5月27日(日) 14:00~16:00

“春の薬草の浸出油でつくる スギナの石けん”

参加費 ¥4,300

詳細&ご予約はこちらから

 



『ゆるむ 薬草店』

– ショップ 営業日時:毎週木、金、土曜日 –

     11:00~15:00

 


『里山の自然療法スクール&サロン』

– サロン 営業日時:水、日曜日(要予約) –

     11:00~15:00

クービック予約システムから予約する

– スクール 営業日 –

○毎月第4日曜日 手作り石けん教室 14:00~16:00

詳細&ご予約はこちらから


 

 

 

関連記事

  1. 透明感のあるお肌のために

  2. 菜種油のマルセイユ石けん ローズヒップ入り

  3. ハンドマッサージ

  4. 今日からでも取り入れられる! ハッカ油のマウスウォッシュ

  5. ローズダマスクのボディ&フェイシャルトリートメント

  6. 春の養生トリートメント キャンペーンのお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA