保湿の前に角質ケアが大切です

夏の肌疲れがそろそろ気になってくる季節です。

夏を過ごしたお肌は、紫外線や汗、皮脂、エアコンによる乾燥などで

かなりのダメージを受けています。

この時期の夏の肌疲れの回復ケアの状況によって

肌老化に直結してしまう方も多く見受けられます。

ダメージを受けたお肌に気温低下などの要因が加わることで

かさつき、くすみやシミ、シワなどのあらゆるトラブルが目立つようになってきます。

トラブルが出てから、急いでケアしているあなた、高価は実感できていますか?

がんばってスキンケアしていても効果を実感できない方は

角質が厚くなっていることで、

スキンケアの有効成分が、お肌に届いていない・・・ということが

考えられますよ。

この角質ケア、日本ではまだまだ、定着していないケアですが欧米では

保湿ケアと同じくらい大事なケアのひとつです。

この角質ケアも手作りで簡単にケアできるので、ご紹介いたしますね。

材料

・ローズマリーのドライハーブ

・洗顔料

作り方&使い方

①ローズマリーのハーブティーをすり鉢などで細かく砕く。

②いつも使っている洗顔料に混ぜてお顔全体に軽くなじませた後、

洗い流す。

泡立てるタイプの洗顔料をお使いの場合は

泡立てずにそのままローズマリーを混ぜて、少量の水を加えて

お顔になじませてくださいね。

これした後は、かなり化粧水の浸透がよくなります。

そして、触れた感じのつるっつる感がたまりません!!!

私は、毛穴のつまりやざらつき感が気にならなくなります。

これから、気温の低下とともに代謝が低下しますよね。

そうなると、細胞の生まれ変わりも滞ってきますので

定期的にこのケアを行うことで

つるつるとハリのはる明るいお肌をキープできますよ。

週に1回は、継続的にやってみてくださいね。

 

お肌が生まれかわります。

 

 

 

関連記事

  1. 黒豆を煮る

  2. 春を感じるふたつのこと

  3. 虫さされアロマ

  4. 心安らぐ「におい」

  5. 風邪気味のときのハンドバス

  6. 「料理は愛情!」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA