なぜメイクをするのか?

化粧品の仕事に携わって約20年。

大手化粧品メーカーの美容部員を辞めて

独立してからもメイクが大好きで

ずっと、仕事として続けていました。

しかし、大げさなようだけれど

私がメイクの仕事をする意味が見出せなくなってしまったため

約2年間、お休みさせていただいていました。

そして、自分もスキンケア、メイクアップ、すべてを手放してみたのです。

この期間、全くと言っていいほど

何もしないで過ごしました。

「メイクってなんで必要なのかな?」とか

「なんでメイクして美しく見せたいんだろう?」とか

「美しく見せた先には何があるのだろう?」とか

いろいろ考えながら過ごしてきました。

 

でも、この2年間、メイクと離れていたお陰で

やっと、その答えにたどり着くことができました、

と言うか、答えにはなってないかも知れないけれど

私にとって、とても大切なものだと確信できました。

メイクの魔法を私は本当に信じていて

どんなに落ち込んでいても

涙があふれる朝でも

鏡の前に座り、自分と向き合い

お肌の手入れをして、化粧を施していくと

少しずつ、少しずつ

心の奥底からめきめきと力が湧きあがってくるのを感じることができるです。

今日も一日、がんばろう!って。

そんな経験を何度となくしているのだから

本当にメイクは『魔法』だなって実感するのです。

こんな気持ちを取り戻すことができて

本当に感謝しています。

 

こんな時間を経たことでより強く

「多くの女性にメイクの魔法を感じて欲しい!!!」

と思うのです。

メイクと言っても決して華美にするメイクではなく、

その人らしく、そして、少しだけトレンドも取り入れて

あくまでもナチュラルで品があり、

なおかつ清潔感のあることが大切です!

 

 

 

せっかく女性に生まれたんだから

メイクをして外に出よう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. メイクでつくる大人の清潔感

  2. お客様のお声

  3. 眉メイクの正解

  4. メイク上手は生き方上手③『とにかく楽しむ!』

  5. 他の誰かにならなくていい!

  6. メイク上手は生き方上手② 【『今の自分』とは】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA