ありのままを受け入れることを思い出させてくれる香り

Rosemary herb flowering in spring

12年前のあの時、そこそこ不満のない生活をしていたのだけれど、

何か満たされない感覚を持っていて、何かを掴もうと焦りを感じていたのかも知れません。

そんな時に出会ったのが、ローズマリー精油。

私が、アロマセラピストになるきっかけをくれた香りです。

アロマセラピストになって10年たった今でも、この香りは私にとって特別な香りです。

ローズマリーに出会ってしまったために通いだしたアロマテラピーの学校。

楽しいことばかり考えて通いだしたこの場所は、

思いのほか、ハードだったににも関わらず、本当に毎日が楽しくて新鮮な毎日でした。

授業を終えて帰ると、今の夫であるパートナーに授業の内容を説明&実演して

眠りにつく毎日でした。

とにかく日常が輝いていたのです。

 

今日、久しぶりに会った友人は、目を輝かせて

今年の夏休みにあった出来事と、今後の身の振り方について話してくれました。

彼女の話しを聞いているうちに、夢に溢れていたその頃の自分と重なり、

懐かしくもあり、いろんな気持ちがわき出てきて、複雑な思いにとらわれていました。

 

ローズマリーをきっかけにアロマテラピーの世界に入った私は、

あの頃、今の彼女のように輝いていたに違いない!と感じました。

帰宅してすぐにローズマリーの香りを胸いっぱいに嗅いでみて、

彼女のキラキラした目の輝きが蘇るとともに

あの頃の自分を取り戻したような感覚になりました。

ローズマリーは、私に初心にかえることを思い出させてくれる香りです。

一般的には、脳を活性化させる香りとして有名ですが、

私にとっては、リラックスして落ち着ける、

そして、自分をありのまま受け入れることを思い出させてくれる香りなのです。

だから、香りは教科書通りにはいかないのです。

 

あなたにとって、特別な香りとはどのような香りですか?

 

関連記事

  1. 海へ行こう!

  2. 秋の気配に想うこと

  3. 本音で生きる

  4. 年末のごあいさつ

  5. 心機一転

  6. 9月にリニューアルオープンいたします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA